HRG
最新ニュース
関連資料更新情報
講習会セミナー情報
メールマガジン登録
連載・特集

【書籍】
保健師・養護教諭になるには
保健師・養護教諭になるには

  *詳しくはこちらから

 


【書籍】
周産期からの子ども虐待予防・ケア 保健・医療・福祉の連携と支援体制
周産期からの子ども虐待予防・ケア

  *詳しくはこちらから

 


【報告書】
山形県の保健師活動のあゆみ
山形県の保健師活動のあゆみ

  *詳しくはこちらから

 


【マニュアル】
暴力防止マニュアル(第2版)
暴力防止マニュアル

  *詳しくはこちらから

 


【報告書】
仙台市「震災後の子どものこころのケア」実施報告書
震災後の子どものこころのケア

  *詳しくはこちらから

 


【書籍】
関係〈臨床・教育〉―気づく・学ぶ・活かす

  *詳しくはこちらから

 


【冊子】
療養する方に寄り添うための「想いのマップ」
ツール

  *詳しくはこちらから

 


【ツール】
「避難所保健衛生チェックリストモデル(住民向け)」
ツール

  *詳しくはこちらから

 


【ツール】
「避難所における要援護者支援チェックリストモデル(避難所を運営する人向け)」
ツール

  *詳しくはこちらから

 

会の歩み

2013年

 

2013年3月
勉強会(東京区政会館)
テーマ「地域保健法の基本指針の検討会と地域における保健師の
    保健活動指針に関する検討会に参加して」

 

2012年

 

2012年5月
第12回研究大会(国立保健医療科学院)
テーマ「保健師の“思い”を“カタチ”に」

 

2012年3月
地域交流会 静岡県(聖隷クリストファー大学)
テーマ「住民に求められる保健師をめざして」

 

2012年3月
第1回保健師学術集会(東京工科大学)
・代表幹事会として東京工科大学にて他の4団体の協力を得て開催

 

2012年3月
地域交流会 愛知県(アイリス愛知)
テーマ「東日本大震災・宮城県における保健師の地区活動から学ぶ」

 

2012年1月
第11回研究大会(国立保健医療科学院)
テーマ「地域に出よう、住民と接しよう
    -保健師としての責任を果たしていますか-」
講演:保健師に求められる実践力と役割
講師:中板育美(国立保健医療科学院生涯健康研究部主任研究官)

 

2011年

 

2011年10月
日本公衆衛生学会自由集会(カレッジプラザ)
テーマ「伝えていきたい・受け継いでいきたい保健師活動
    ~DVDを観て語り合おう~」

 

2011年10月
地域交流会 山形県(山形県立保健医療大学)
テーマ「東日本大災害から未来へ
    -保健師は活動をどのようにつないでいくのか-」

 

2010年

 

2010年5月
第10回研究大会(国立保健医療科学院)
テーマ「住民の悲鳴が聴こえていますか -あなたは生き生きと働いていますか-」
講演:人が人らしく生きられる社会を求めて~保健師の大きな役割・大きな使命~
講師:内橋克人(経済評論家)

 

2009年

 

2009年8月
第9回研究大会(東北大学医学部保健学科)
テーマ「公衆衛生看護のコアを支えるもの」
講演:公衆衛生の原点
講師:日野秀逸(国民医療研究所所長、元東北大学経済学部長)

 

2008年

 

2008年9月
第8回研究大会(国立保健医療科学院)
テーマ「公衆衛生看護の専門性 -ジェネラリストとして大切にすること-」
講演:人と人はつながり、組織と組織がつながるマインド・具体的スキルを学ぶ
講師:大倉通宏(キャリアカウンセラー)

 

2007年

 

2007年6月
第7回研究大会(国立保健医療科学院)
テーマ「医療制度改革を見据えた保健師活動」
講演:世界がもし100人の村だったら
   ~100人の村から見える公衆衛生、保健師に期待されること~
講師:池田香代子(ドイツ文学翻訳家、口承文芸研究家)

 

2006年

 

2006年9月
第6回研究大会(東北大学医学部保健学科)
テーマ「公衆衛生看護のコアを考える Part2 -失ってはならない視点とは何か?-」
講演:自殺予防と介護予防を視野に入れた「うつ」
   高齢者のための地域ケアシステムの開発
講師:栗田主一(仙台市立病院神経精神科部長)

 

2005年

 

2005年9月
第5回研究大会
テーマ「公衆衛生看護のコアを考える -保健師活動は社会を救えるか-」
講演:保健医療・社会福祉の改革の動向と
   これからの保健領域における公的責任について
講師:藤井紀男(厚生労働省健康局総務課健康フロンティア戦略推進長)

 

2004年

 

2004年5月
第4回研究大会(国立保健医療科学院)
テーマ「組織改革の中で公的責任を果たす保健活動のあり方」
講演:政治学からみた市民との協働
講師:篠原 一(東京大学名誉教授、政治学者)

 

2003年

 

2003年5月
第3回研究大会(国立保健医療科学院)
テーマ「合併を追い風に住民と築こう保健活動」
講演:平成の大合併の意義を問う
講師:逢坂誠二(北海道ニセコ町町長)

 

2002年

 

2002年6月
第2回研究大会
テーマ「今、改めて“公衆衛生”とは」
講演:今日の社会情勢と公衆衛生 -人と人のつながりを求めて-
講師:町永俊雄(NHKエグゼクティブアナウンサー)

 

2001年

 

第1回研究大会・設立総会
講演:国際保健における公衆衛生の課題と日本の公衆衛生看護への期待
講師:川口雄次(WHO神戸センター所長)

 

2001年5月 日本公衆衛生看護研究会 設立

 

1